金属プレス加工、自動車部品の組立、スチール製品、プラスチック製品、事務用品、家庭用品の組立
株式会社清水製作所

会社沿革

会社沿革

 

・1981年(昭和56年)
鈴鹿市東庄内町に清水製作所を発足する。
・1981年(昭和56年)
自動車部品のプレス加工を開始する。
・1981年(昭和56年)
梱包資材部品のプレス加工を開始する。
・1982年(昭和57年)
亀山市能褒野町に本社工場を移転する。
・1983年(昭和58年)
自動化を目的に順送プレスを導入する。
 ・1984年(昭和59年)
溶接加工部門を設置する。
 ・1988年(昭和63年)
本社工場を増設し、生産効率を向上させる。
 ・1990年(平成2年)
資本金300万円にて、㈲清水製作所を設立する。
 ・1994年(平成6年)
自動販売機、オープンショーケース部品の製造を開始する。
 ・1995年(平成7年)
多品種少量生産に対応するシステムが完成する。
 ・1996年(平成8年)
本社工場に事務所および食堂を増設する。
 ・1999年(平成11年)
250t・200t・100t順送プレスラインが完成する。
 ・2001年(平成13年)
金属設計製作部門の設置をする。
 ・2004年(平成16年)
亀山市能褒野町に第二工場を建設し、溶接部門強化にあたる。
 ・2006年(平成18年)
自動ラック倉庫を導入する。
 ・2010年(平成22年)
建築部材取扱強化を進める。
 ・2011年(平成23年)
110t・80t順送ラインを増設する。
 ・2012年(平成24年)
300t順送サーボプレスを増設する。
 ・2013年(平成25年)
自動車安全部品の取扱いを開始する。
 ・2014年(平成26年)
第三工場・完成品倉庫を新設する。
 ・2014年(平成26年)
電力使用量削減のため工場の水銀灯・蛍光灯をすべてLED化する。
 ・2015年(平成27年)
本社工場の事務所を改装する。
 ・2016年(平成28年)
80t単発プレス 4台増設する。
 ・2018年(平成30年)
商号を株式会社清水製作所に変更。